「全然素敵」は間違い?

「全然」は「全然だめだ」のようにその下に打ち消しか否定的な表現がつくと考えられています。ところが、最近では「全然すてき」「全然いい」のような言い方が珍しくなくなっています。

このように用法が変化した言葉は「全然」だけではありません。「とても」も明治のころには「とてもできない」のように打ち消しを伴う用法だけでした。それが大正・昭和になって「とてもきれい」のような言い方がなされるようになったのです。「全然すてき」のような言い方は、現在では国語辞典の多くに俗用として採録されています。「とても」も「全然」も同じ穴のムジナというわけです。

「元旦の夜」は永遠に来ない

夜が来ない日はありません。しかし元旦の夜だけはいくら待っていても決して来ません。なぜでしょうか。「旦」の字を見てください。これは太陽(日)が地平線(一)から現れたさまをかたどっています。つまり、「旦」は「朝」「夜明け」を表す文字なのです。ですから「元旦」は「元日の朝」のことです。年賀状に「元旦」と書くのも、新年の夜明けに挨拶をするからです。ですから元旦の夜に約束をしても永遠にデート出来ないことになります。もちろん「元日の夜」は来ますから「元旦の夜」のデートは出来なくとも「元日の夜」なら大丈夫です。

碁は「打ち」、将棋は「指す」

碁や将棋には公認のルールがあり、独特の用語が決められています。ですから「指す」でも「打つ」でもかまわないというわけにはいきません。「碁を指す」「将棋を打つ」は間違いです。「碁を打つ」「将棋を指す」といわねばなりません。

では、オセロはどうでしょうか?日本オセロ連盟では「打つ」に統一しています。なるほど碁もオセロも黒と白の石(チップ)を使っており、共通するものがあるようです。また、よく将棋と比較されるチェスの場合は、やはり将棋と同じく「指す」ということになっています。ひょっとすると初めから盤上に置いてあるゲームが「指す」で、そうでないものが「打つ」なのかもしれませんね。

— posted by 間中 at 11:55 am