「安く買って、高く売る」をやると、どういう訳だか逆になる

PR 消費者金融 審査 最も審査の甘い消費者金融はどこ?経験者が選んだ借りやすいカードローン

投資の世界で儲けるためには「安く買って、高く売る」ができればいいことくらい、誰だって知っています。だから、マネー番組やマネー雑誌などの金融メディアを利用して「これから上がる銘柄」を見つけようと躍起になるわけです。そして、金融メディアの方でも、こうしたニーズに答えるために、特に1月とか4月には「昨年(度)の値上がり銘柄トップ10」というランキングを示してくれます。買い物上手のBさんは、こうした「値上がりランキング」をチェックするのが大好きです。

Bさんによれば、「たとえば、冷蔵庫を買うときだって、人気がある商品は、評判もよくて、品質も良いでしよ。だから株を買うときだって人気がある銘柄が良いってことよ」ということなので「値上がりランキング」は、何より頼りになるらしいのです。こうしてBさんは、昨年1番値上がりした、金鉱山を持っている「資源株」を1株1,000円で買うことにしました。この「資源株」は、10年前には1株200円だったわけですが、ここ2~3年間、石油の値段が上がった際に、40%も急上昇した銘柄です。

「よし、今年も40%上がるに違いないわ!」とBさんは自信満々でしたが、蓋を開けてみれば、1年間で30%も値下がりし、今度は「値下がりランキング」にランクインすることになったのです。こうなるとBさんの胸中は、穏やかではありません。「人気があるから買ったのに、これでは、あべこべじゃないの!もう、こんな株なんて、見たくもないわ」って言い捨てると、この「資源株」を1株700円で叩き売ってしまいました。

Bさんの間違いは「株」を買うことも「日用品」を買うことと一緒であると考えてしまった点にあります。というのも、テレビや洗濯機を買うときには1番評判の良い商品を大安売りの日に買いに行けますが「株」を買うときには1番評判の良い銘柄を買うとは、プレミアム価格で手に入れる、ということになるからです。「株」と「日用品」では買い物の仕方が違うのです。「日用品」を買うときには、雑誌の評判を利用しているお陰で、買い物上手のはずのBさんは「株」を買うときには、雑誌の評判を利用したお陰で、買い物下手になっているなんて、なんとも皮肉な結果ですよね。

日用品を買う感覚で株を買うと「高く買って、安く売る」になる

Bさんのように「株式の買い物」と「日用品の買い物」を一緒だと考えて失敗している方は案外たくさんいるものです。たとえば、健康食品を買う際に前回買ったのと同じ商品を買っていることが多いと思いますが、これは実際に使ってみて満足したからで「過去の実績」に照らし合わせて商品を選んでいるわけです。

また、前回買ったのと違う商品を買う場合には、お試しセットを利用するだけでなく「○○雑誌のアンケートで1番人気の商品です」とか「愛用者は世界で1,000万人を超えた大ヒット商品です」という「製品レビュー」から商品を選ぶことが多いと思います。このように「日用品の買い物」では過去の実績や製品レビューを頼りにするものですが「株式の買い物」では、こんなやり方では失敗するに決まっています。

というのも、株式というのは、いつでも同じ値動きをするものではありませんから、1年前には1,000円に値上がりして大満足したものの、1年後には500円に値下がりしてガッカリさせられることがあるため「過去の実績」は全然頼りになりません。また、株式というものは「値上がりランキング」に登場した時点では、買い手が殺到しているため、バーゲン価格で買うどころか、プレミアム価格で買わされる羽目におちいるため「製品レビュー」も全然役に立ちません。

Bさんが利用している「値上がりランキング」というのは「過去の実績」や「製品レビュー」を利用した「日用品の買い物」そのものですが、こんな風なやり方をしていれば、高値掴みをしていて当然であると言えるのです。むしろ「株式の買い物」では「過去の実績」を引きずらず「製品レビュー」には目もくれず雨の日も風の日も自分が決めた、たった1つの株式の投資信託を淡々と買い続けていくやり方が正解です。

このやり方だけが、唯一の安値で拾う方法です。学校では、本を読むほど賢くなると教えられますが、投資ではマネー本やマネー雑誌を読むほど「おバカさん」になってしまう可能性があります。マネー番組やマネー雑誌なんかに目もくれずに、毎月、同じ金額を、同じ株式(の投資信託)に地道に「積立投資」していけば「株式の買い物」は上手になれるということなのです。

高値で買ってしまう悩みは積立投資で解決できる

「投資の世界」のカラクリにはまると「安く買って高く売る」というつもりが「高く買って安く売る」をさせられます。ここで役立つのが「積立投資」で少なくとも「高く買うこと」だけは避けることが可能です。株式市場というのは、上がったり下がったりをくり返すため、たとえば、毎月3万円の「積立投資」では1ヶ月目に1,000円で買ったら、2ヶ月目に500円に暴落するケースも考えられます。

ここからいくらに戻れば損がなくなるかと言えば、1,000円と500円の「平均価格」である750円ではなく、667円で十分なのです。というのも、1,000円では30口を購入し、500円では60口を購入していたため「平均単価」は6万円÷90口=667円と計算されるからなのです。

このように「平均価格」より「平均単価」が低くなる理由は、値段が高い時には数量を少なめに買い、値段が安い時には数量を多めに買っておいたからで、こうした「積立投資」に伴う効果を「ドルコスト平均法」と呼びます。そして「ドルコスト平均法」の効果は値動きが大きいほど発揮されるため「積立投資」では(値動きの小さい債券ではなく)値動きの大きな株式のみを利用します。

株式市場が下がりっぱなしでは困りますが、超長期では上昇する性質を持つ以上、むしろ一時的な値下がりは「平均単価」を引き下げ、儲けを呼び込んでくれるチャンスというわけなのです。このように「積立投資」を行って毎月同じ金額を同じものに投資すれば「ドルコスト平均法」によって「安い時にたくさん買って、高いときに少なく買う」ということを簡単に実行できるということです。

— posted by 間中 at 02:38 pm